松島の代表的な単層宝形造りの五大堂は、807年に坂上田村麻呂が、
この島に毘沙門堂を建て、828年、慈覚大師が、瑞巌寺開基の際に
五大明王像を安置したことから五大堂と呼ばれるようになりました
現在の建物は、1604年、伊達政宗が、紀州の工匠を招いて再建
させたもので雄建な桃山建築として国重要文化財に指定されています


TOP