宿泊約款

【適用範囲】第1条

 1 当館に宿泊契約の申し込みをしようとする者は、次の事項を当館に申し出ていただきます。
 2 当館が、法令および慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、前項の規定に関わらず、その
   特約が優先するものといたします。

【宿泊契約の申し込み】第2条

 1 当館に宿泊契約の申し込みをしようとする者は、次の事項を当館に申し出ていただきます。

  ・宿泊者名
  ・宿泊日および到着予定時刻
  ・電話番号
  ・その他当館が必要と認める事項


 2 宿泊客が宿泊中に宿泊日を越えて宿泊の継続を申し入れた場合、当館はその申し出がなされた時点で
 新たな宿泊契約の申し込みがったとして処理します。


 3 宿泊料金について

 ・料金の支払いは、チェックインと同時に現金及びクレジットカードにて清算を行っていただきます。
 ・宿泊者が客室の使用を開始したのち任意に宿泊しなかった場合の宿泊料金は返金いたしません。
 ・日本円でのみ支払いが可能です。
 ・宿泊者が客室の使用を開始したのち任意に宿泊しなかった場合の宿泊料金は返金いたしません。
 ・その他返金はキャンセルポリシーに準じます。

 
【宿泊契約締結の拒否】第3条

 1 当館は次に上げる場合において、宿泊約款の締結に応じないことがあります。

  ・宿泊の申し込みが、この約款によらないとき。
  ・満室により客室の余裕がないとき。
  ・宿泊しようとする者が宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為を
   する恐れがあると認められるとき。
  ・宿泊しようとする者が伝染病であると明らかに認められるとき。
  ・宿泊に関し合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
  ・天災、施設の故障、その他やむを得ない理由により宿泊させることができないとき。
  ・宿泊しようとする者がペットと同宿を希望するとき。
  ・宿泊しようとする者が泥酔者等で他の宿泊者に著しく迷惑を及ぼす言動をしたとき。
  ・宿泊しようとする者が暴力団や反社会的勢力のとき。

【宿泊客の荷物等の保管】第4条

 1 宿泊客の荷物が、宿泊に先立って当館に到着した場合は、その事前に当館が了解したときに限って
 お預かり致します。
 
 2 宿泊客がチェックアウトしたのち、宿泊客の荷物等が当館に置き忘れられていた場合は、所有者の指示
 がない場合又は所有者が判明しないときは、発見日を含めて5日間当館にて保管し、その後貴重品に
 ついては最寄りの警察署へ届け、その他の物品については処分させていただきます。
 (飲食物・雑誌 に関しては即日処分とさせていただきます)


【駐車の免責】第5条

 1 当館駐車場内における車両、その付属装着物又は積載物の盗難、紛失又は毀損については一切責任を
 負いません。

 2 当館駐 車場利用者が、駐車場の他の利用者もしくはその他の人の行為又は駐車場内に存在する車両又は
 その付属装着物もしくは積載物等に起因して被った損害、その他当館駐車場で発生した原因に起因して被った 損害について責任を負いません。

【宿泊客の責任】第6条

1 宿泊客の故意又は過失により当館が損害を被ったときは、当該宿泊客は当館に対し、その損害を賠償していた だきます。

【当館の契約解除権】第7条

1 当館は、次に掲げる場合においては、宿泊契約を解除することがあります。
・宿泊客が宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると
 認められるとき、又は同行為をしたと認められるとき。

・宿泊客が次のイからハに該当すると認められるとき。
 イ暴力団、暴力団員、暴力団準構成員又は暴力団関係者その他の反社会的勢力
 ロ暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき
 ハ法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの
・宿泊客が他の宿泊客に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき。
・宿泊客が伝染病者であると明らかに認められるとき。
・宿泊に関し暴力的要求行為が行われ、又は合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
・天災等不可抗力に起因する事由により宿泊させることができないとき。
・都道府県条例第条(第号)の規定する場合に該当するとき。
・寝室での寝たばこ、消防用設備等に対するいたずら、その他当館が定める利用規則の禁止事項(火災予防上必要 なものに限る。)に従わないとき。

【当館の責任】第8条

1 当館は、宿泊契約及びこれに関連する契約の履行に当たり、又はそれらの不履行により宿泊客に損害を与えた ときは、その損害を賠償します。ただし、それが当館の責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限 りではありません。
2 当館は、万一の火災等に対処するため、旅館賠償責任保険に加入しております。



【寄託物等の取扱い】第9条

1 宿泊客が、当館内にお持込みになった物品又は現金並びに貴重品であってフロントにお預けにならなかったも のについて、当館の故意又は過失により滅失、毀損等の損害が生じたときは、当館はその損害を賠償します。

 ただし、宿泊客からあらかじめ種類及び価額の明告のなかったものについては、当館に故意又は重大な過失が ある場合を除き、5万円を限度として当館はその損害を賠償します。

【営業時間】第10条

1 当館の主な施設等の営業時間は次のとおりです。
・フロントサービス 7:00〜22:00
・食堂 朝食7:00〜8:30 夕食18:00〜20:30
・入浴 15:00〜10:00
・コインランドリー 15:00〜10:00

2 前項の時間は、必要やむを得ない場合には臨時に変更することがあリます。その場合には、適当な方法を
 もってお知らせします。


【利用規則】第11条

1 当館の利用規則は次の通りです。

・当館内諸施設で賭博、又は風紀を乱すような行為。
・当館内諸施設で他のお客様にご迷惑を及ぼすような大声、放歌、または喧騒な行為。
・著しく不潔な身体または服装により他のお客様にご迷惑を及ぼす恐れが認められること。
・客室を宿泊及び飲食以外の目的に使用すること。
・下着や裸姿で浴室や客室以外の施設を出歩くこと。
・当館内施設に、他のお客様のご迷惑になるものをお持ち込みになること。
 イ 犬、猫、小鳥等の動物、ペット全般
 ロ 発火又は引火しやすい火薬・揮発油類、危険性のある製品、
 ハ 悪臭を発する物、その他法令で所持を禁じられている物等
・当館内諸施設の諸設備、諸物品に傷や異物をつけたり、他の場所へ移動させる等、現状を変更する行為。
 又、館外に持ち出したりする行為。
・当館内諸施設で許可なく、広告、宣伝物の配布、掲示、物品の販売、勧誘、営業行為等、及びビラ等の
 配布、署名活動等を行うこと。
・喫煙室以外での喫煙
・宿泊者の友人等の宿泊者以外の入館
・その他当館が不適当と判断する行為。